×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越料金について

引越にかかる料金について

引越業者を使って引越しをしたことのある方なら誰しも知っていることですが、引越料金は決して安いものではありません。
「どうやって引越料金を安く抑えるか?」に頭を抱える方も多いでしょう。
しかし、引越料金は各社引越業者の各種プランにより、安く引っ越すことも可能です。
複数の引越業者から見積もりを取り、引越料金を提示してもらうことはとても大切なポイント。
各社で強い分野・主力商品などがそれぞれ違います。
また、引越料金が安いと思って業者を決めたら、資材は別料金ということも多々あります。
この場合ですと、引越しに必要な段ボール箱やパッキンを自分でホームセンターへ買いに行かなくてはなりません。
段ボール箱の数に限りがある場合なども、引越料金にどこまで資材が含まれているかを必ず確認しましょう。
こういった資材だけではなく、引越には何かとお金が掛かります。
引越料金を安く抑えたいと思ったら、やはり日頃から荷物を増やさないことを心がけることが一番の方法です。

引越料金を安く抑えるコツ

引越料金の見積もりを取る前に、引越料金を安く抑えるコツがあります。
それは、不用品などを処分して先に荷物を減らすのです。
引越しが決まったらぜひ見積もりに備えて、荷物は処分してできるだけ少なくしたほうが良いでしょう。
トラックの大きさ、スタッフの人数が、引越料金を大きく左右します。
引越料金のほとんどがこれと言っても過言ではありません。
荷物が多ければそれだけ人手がかかり、引越料金が掛かってしまいます。
例えば、大型の家具は買わない、小さな電化製品を選ぶ、軽量の収納ケースを使用するなどの工夫も大切です。
引越の回数が多い転勤族などは、こうして引越料金を抑えています。
また、あまり引越しをしない家庭の場合ですと、シーズンオフがお勧めです。
3〜4月はできるだけ避けるのが良いでしょう。
とくに8月の引越料金はとても安く、様々な特典を受けられますよ。
「トラック料が半額」「ピアノ設置料が半額」など、引越料金に圧倒的な違いがあります。
繁盛時はもちろんのこと、引越業者もシーズンオフのほうがきめ細やかに相談に乗ってくれますよ。

引越の際のオプション料金

「引越料金」は家族の人数、間取り、建物の階数、ピアノ・大型家具のあるなしで引越料金に違いがあります。
様々なニーズに応えられるよう、引越業者も工夫を凝らしています。
オプションをつけることで、引越の際の「困った」を解決してくれます。
例えば、最近人気があるのは、ペットの送迎など。
これは、引越料金に加算されますが、しっかりと対応してくれますよ。
他、不用品の処分や掃除など、引越料金に含まれていない場合がありますが、忙しい時期に非常に助かるサービスを各種取り扱っています。
こういった引越料金に含まれていない「オプション」が大きな差となりますので、見積もりの時に相談してみると良いでしょう。
とくに不用品の処理は、自治体によって自由に処分ができない場合があります。
引越料金に「安さ」ばかりを求めては、思うように引越しが進まないこともあるので、「頼れる引越し屋さん」を探してみましょう。
リピーターになると、引越料金が安くなる会社もありますよ。